Structure

性能・構造

阪神電気鉄道100年の実績から
導かれた邸宅永住思想。

長寿国の住まいは、
長寿ではなかった事実。

「WHO世界の長寿国ランキング2016年版」によると、平均寿命の1位は日本で83.7歳。女性は1位で86.8歳、男性は6位で80.5歳となっています。ところが、世界的な戸建住宅の寿命は、イギリス77年、アメリカ55年、日本30年。30歳で家を買っても、60歳までしか住むことができません。日本の一般的な戸建住宅は、築30年で価値がほぼ無くなってしまうという計算になります。建てては壊し、壊しては建てる。それは地球環境にとっても、個人にとっても、負担の大きいこと。阪急阪神不動産では、100年先までを見据えた高品質な戸建住宅をお届けすることを使命としています。

「長期優良住宅」×「住宅性能評価」
ダブル高品質へのこだわり。

国が取り組む「長期優良住宅」には、耐震対策、劣化対策、高水準の省エネルギー性、維持管理・更新の容易性などの厳しい基準があります。すべての基準をクリアしなければ認定されません。長寿国であり、地震国でもある日本では、耐震対策により厳しい基準を設けている「住宅性能評価」の制度にもチャレンジ。耐震等級において、絶対に倒壊してはいけない消防署や警察署レベルの最高等級3をはじめ6項目で最高等級を取得しています。これ以上は無いというところまでこだわって、ハピアガーデンの100年邸宅は実現しています。

100年品質永住の安心を支える
ダブル高品質

これ以上ない厳しい基準を
クリアした標準仕様です。

ダブル高品質Ⅰ「長期優良住宅」認定

長期優良住宅とは、国が認定する※1「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅」のこと。子どもや孫の代まで住み継げる、長寿命の住宅です。

※1.長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年12月5日公布・平成21年6月4日施行) ※出典:一般社団法人住宅性能評価・表示協会 平成26年度データより

ダブル高品質Ⅱ「設計住宅性能評価」取得 & 「建設住宅性能評価」取得(予定)

設計の段階で取得する「設計住宅性能評価」だけでなく、建物建築時にも公正な第三者機関からチェックを受ける「建設住宅性能評価」も取得予定。

※「設計住宅性能評価」を指します。※出典:一般社団法人住宅性能評価・表示協会 平成26年度データより

設計の段階で取得する「設計住宅性能評価」だけでなく、建物建築時にも公正な第三者機関からチェックを受ける「建設住宅性能評価」も取得。