Structure

性能・構造

阪急阪神不動産の邸宅永住思想。

長寿国の住まいは、
長寿ではなかった事実。

「WHO世界の長寿国ランキング2016年版」によると、平均寿命の1位は日本で83.7歳。女性は1位で86.8歳、男性は6位で80.5歳となっています。ところが、世界的な戸建住宅の寿命は、イギリス77年、アメリカ55年、日本30年。30歳で家を買っても、60歳までしか住むことができません。日本の一般的な戸建住宅は、築30年で価値がほぼ無くなってしまうという計算になります。建てては壊し、壊しては建てる。それは地球環境にとっても、個人にとっても、負担の大きいこと。阪急阪神不動産では、100年先までを見据えた高品質な戸建住宅をお届けすることを使命としています。

「長期優良住宅」×「住宅性能評価」
ダブル高品質へのこだわり。

国が取り組む「長期優良住宅」には、耐震対策、劣化対策、高水準の省エネルギー性、維持管理・更新の容易性などの厳しい基準があります。すべての基準をクリアしなければ認定されません。長寿国であり、地震国でもある日本では、耐震対策により厳しい基準を設けている「住宅性能評価」の制度にもチャレンジ。耐震等級において、絶対に倒壊してはいけない消防署や警察署レベルの最高等級3をはじめ6項目で最高等級を取得しています。これ以上は無いというところまでこだわって、ハピアガーデンの100年邸宅は実現しています。

100年品質永住の安心を支える
ダブル高品質

これ以上ない厳しい基準を
クリアした標準仕様です。

ダブル高品質Ⅰ「長期優良住宅」認定

国が認定する「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が構じられた優良な住宅」のこと。子どもや孫の代まで住み継げる、長寿命の住まいです。寿命が30年にも満たないとされるほど、短い期間で建て替えられてきた日本の住まい。しかし、これからの時代は、森林資源の保全や建築廃材の低減などの観点からも、一度建てたら手入れをしながら世代を受け継ぎ、社会のストックとして大切にしていくことが求められています。また、長期優良住宅の認定を受けた住宅を購入されたお客様は、住宅ローン減税・登録免許税・固定資産税について、それぞれ優遇措置が受けられます。

※ 出典 : 国土交通省「平成30年度計 建築着工統計報告書」より※「2019年5月31日報道発表資料 長期優良住宅の普及と促進に関する法律に基づく長期優良住宅建築等計画の認定状況について」より

ダブル高品質Ⅱ「設計住宅性能評価」取得 & 「建設住宅性能評価」取得

「住宅性能表示制度」とは、住宅の性能をわかりやすく比較できるよう、公正な第三者機関が共通の表示方法と評価方法で客観的に評価する制度。大切な資産である不動産をプロの目が設計段階と完成段階でチェックするため、いっそう安心の住まいづくりが可能です。 ハピアガーデンは、住宅性能表示制度で耐震等級や劣化対策等級など6つの項目において最高等級を取得しています。 耐震性や耐久性、断熱等性能、維持管理性など住まいを長持ちさせるために求められる性能も追求しました。

設計の段階で取得する「設計住宅性能評価」だけでなく、建物建築時にもチェックを受ける「建設住宅性能評価」も取得。 当社の品質管理でも重要工程立会確認を行い、当社と第三者機関のWチェックにより高い品質の住宅を供給します。 地震国で雨が多く、季節ごとの寒暖の差が激しい日本で住まいを長持ちさせ、次の世代へ資産として残していくために性能追求を厳しく徹底し、先々まで安心できる住まいの実現を目指しています。

※「建設住宅性能評価」を指します。 ※出典 国土交通省「平成30年度計建築着エ統計報告書」より 一般社団法人住宅性能評価・表示協会 「住宅性能評価業務実績の平成30年度累計」より

耐風性能住宅性能評価の耐風等級で、最高等級を取得。

■ 風に強い「ハリケーンタイ」

屋根の吹き上げを防ぐために高強度を誇る金物「ハリケーンタイ」を採用し、屋根垂木を壁へがっちりと連結。 これまで日本を襲った数々の台風にも耐えてきました。 台風の多い日本で安心できる住まいに暮らすには、優れた耐風性を備えていることも重要です。

※仕様は建物によって異なります。

耐震性能阪神・淡路大震災の経験から巨大地震を見据えた強固な耐震性能で、大切な住まいを守ります。

基礎工事は建物をしっかりと地面に固定するための大切な工程です。この基礎が強固でなければ、どんなにしっかりとした建物でも強度と耐久性は得られません。より確かな耐久性と強さを持つ家を造るために、基礎の施工方式は建築部分全面に鉄筋コンクリートを敷き詰めるベタ基礎を採用しました。また、防湿フィルムにより建築部分の土壌から発生する湿気を遮断。より永くより安定した効果をもたらしています。

■ 住宅性能表示基準の耐震等級

■ 構造計算書

建築構造物などの構造計算の概要・仮定条件・計算式・計算結果をまとめた書類です。この書類によって、構造物が固定荷重(死荷重)・積載荷重(活荷重)・積雪荷重・風荷重・地震荷重などに対して安全であり、使用上支障のないことを証明いたします。

※掲載の写真・イラストは、当社施工事例及びメーカー参考写真・参考イラストです。

現地案内図