ハピアガーデン
甲子園砂田町

問い合わせは
「ハピアガーデン甲子園砂田町」
販売センターまで
営業時間/10:00~18:00 定休日/水・木曜日

0120-84-0220

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
閉じる

Share

History 甲子園の歴史

阪神電気鉄道が
永きにわたって育んできた
歴史と文化が息づく
甲子園の邸宅地。

甲陽園や苦楽園といった由緒ある邸宅街と同じく「西宮七園」の一つに数えられる「甲子園」。
阪神電気鉄道による直営の沿線開発として発展した邸宅文化とともに、永く住み継がれてきました。
近年では優れた交通アクセスに加えて、大型の商業施設が誕生するなど、
より快適で利便に満ちた日常を享受できる住環境が整備されています。

開設当時の甲子園球場

大正から昭和初期にかけて
開発された
甲子園一帯。

大正9年から始まった武庫川改修工事の成功が甲子園一帯の開発において、きわめて大きな成果をもたらしました。その中でも枝川・申川の廃川によって、新しい構想で、より自由に開発できる広大な好適地を得たことがこの地域にとって、著しい成果でした。そして、その経営にあたったのが廃川敷地73.92ヘクタールの土地の払い下げを受けた阪神電車でした。その当時阪神電車としても直営で沿線開発をおこなった最大規模のものでした。甲子園一帯の開発は当初の計画通りに発展し、スポーツセンターとしても、また住宅地としてもその名声を高めました。これは阪神電車の本線に直結していることと、直営で出発したことが成功の要因と考えられています。また当時阪神間にはなかったスポーツセンターに着眼した当事者の功績も見逃せません。その代表施設が今に残る阪神甲子園球場です。

開設当時の甲子園球場

阪神電車による甲子園周辺の住宅開発。

阪神電車は当初から甲子園にスポーツセンターだけの計画をしていたわけではなく、住宅地帯として計画を立てていました。阪神電車がこの沿線の阪神両市の市民郊外住宅を計画したのはかなり古く、明治41年すでに「市外居住のすゝめ」という案内書を発行し、西宮駅付近や枝川沿いの現甲子園駅付近に沿線住宅化の1歩を踏み出しています。こうした経験にもとづいて枝川、申川の払い下げにあたっては細長い旧河床の住宅地化を考えていました。
阪神電車の土地・住宅経営は一時、傍系会社に行わせていましたが、甲子園付近一帯の開発については阪神電車の直営とし、よりこの開発に注力をそそぎました。住宅地の分譲は昭和3年、旧国道の北約3.63ヘクタールにはじまり、ついで昭和5年阪神国道以南の約6.93ヘクタールの住宅開発が旧河道沿いに売り出されました。その後さらに阪神国道以北が整理され上甲子園(阪神国道以北地区)、中甲子園(阪神国道以南、阪神本線までの地区)、浜甲子園(阪神本線以南の旧枝川河道の地区)の3地区が形成されて発展しました。 なお、昭和5年には武庫大橋の付近にアメリカ近代建築家フランク・ロイド・ライトの作風を伝えた遠藤新の設計による近代的感覚豊かな甲子園ホテル(現武庫川学院・甲子園会館)が建設されました。このように甲子園一体の開発は規模においても実質においても極めて著しいものがありました。

開設当時の甲子園球場
甲子園浜田地区

良好な住環境を守る地区計画。

花園町、甲子園砂田町とも本計画地が位置する街区は、中低層を中心とした住環境を保全・育成することを目標とした地区計画が設けられており、建築物の用途や高さなどの制限が定められています。また周辺は阪神本線「甲子園」駅をはじめ交通利便にも優れながら、住宅街区にして駅前の商業利便を日常にできる稀少なポジションといえます。さらに駅までのアクセスもフラットで普段の暮らしをより快適に過ごしていただけます。

甲子園浜田地区